精力アップサプリメント 人気ランキング 性欲増進でED克服 性力増強シトルリンdx 増強極gold ベクノール ライゼックス

精力アップサプリをお探しの方に

*

牡蠣肉エキス 精力剤の成分でメインになります

      2017/01/24

2014-07-13 09.50.05

牡蠣肉エキスは自然由来で安全性が高いものとして、精力剤への配合例が多い成分の1つとなっています。無論その使用については、栄養面での裏付けや精力増強効果を見込んでの事です。
もともとエキスの原料となる牡蠣は貝類の一種ですが、海のミルクと形容される事がある程に多様な栄養素を豊富に含有している事で知られています。

 

海が齎した自然の精力剤とも呼ばれ、あまり魚介類を生食する習慣の無いフランスでは例外的に生食され、古くから滋養強壮に効くものとして生産も盛んです。日本においても、一部地域の特産品として良く知られています。

 

そうした牡蠣の栄養面において特筆出来るのは亜鉛の多さ、グリコーゲンの多さ、そしてバランス良く整った18種に渡るアミノ酸の含有です。何れも精力増強の面では効果的に寄与してくれます。

350b894d0856f83ec931525d5c952bc3

まず亜鉛は微量栄養素としての必須ミネラルですが、現代的な普段の食事では不足しがちになる場合が多いという側面があります。亜鉛は細胞分裂に必要な酵素に体内で関わる為に不足すると様々な影響がありますが、精力の面に絞ると精子の形成が減少するという問題が出て来ます。

 

充分な補給によってそのリスクを回避する事は、特に男性の精力増強に直接的な効果を齎してくれる訳です。

次にグリコーゲンですが、体内でエネルギー源になる物質であると共に、消化吸収が早い事で知られています。

 

疲労時の回復や滋養強壮においてその即効性の高さが古くから知られており、単体でドリンク剤等に配合される事もある程です。精力増強の観点からは、エネルギー面から下支えとなってくれます。

 

42acaf5b

そして18種に渡るアミノ酸は、必須アミノ酸も該当している事から精力の下支えとしても有用ですし、種々のアミノ酸が相互に絡み合う事で精力の持続に繋がります。含有量の多さから、健康全般の維持の効果も見込めます。

牡蠣肉エキスにはこれらの要素が濃縮した形で含有される事となるので、様々な効果を纏めて発揮する事を期待する事が出来ます。自然由来のものですから副作用リスクが少なく、含有栄養素は男女を問わずに必要なものである事から、どちらの性別に向けた精力剤にも配合し易いという利点もあります。

 

2014-08-04 00.01.55

更に牡蠣肉エキスは濃縮する事で保存が効き易くなるので、原料となる牡蠣の採取時期とエキスとしての製造時期を選ぶ事が出来ます。

 

牡蠣は季節によって栄養素の含有量にかなり幅があるものとして知られていますが、より豊富な状態の時のものをエキスとして加工・使用する事が出来るので、前述した効果を余すところなく発揮出来るという利点がある訳です。

アミノ酸 精力剤の成分の特徴

 

精力剤に良く使用される成分の一種となっているのがアミノ酸です。

実際のところアミノ酸というのは「ビタミン」のような栄養素の総称であり、より細かく見ていけばリシンやバリン、ロイシン、トリプトファンといったようにさまざまな種類があるのですが、一般的な精力剤の中で良く見受けられるのはアルギニンやシトルリンといったものたちでしょう。

それぞれによって作用は違いますから「アミノ酸はこういった作用を持つ」ということをまとめて言うことはできないということには注意が必要です。

さて、では精力剤に使用されるアミノ酸にはどういった作用が期待できるのかということについてですが、まずアルギニンの場合は成長ホルモンの分泌促進や一酸化窒素の産生促進といった作用が期待できます。

成長ホルモンは免疫機能を高めて体調不良を発生しづらい身体を作るのに一役買ってくれますし、また同様に血流を改善する作用もあります。

一酸化窒素の産生促進についても血管を拡張することによる血流の促進があり、この「血流の促進」は主に陰茎部への血流を改善することに役立ってくれるでしょう。

精力剤が必要になるケースは人によってさまざまですが、ある程度の年齢を迎えた現代人は知らず知らずのうちに血流が悪くなってしまっていることが多いです。

特に普段から健康的な食事に気を使っていない、運動不足になりがちといったような人の場合は血流促進作用の効果を期待することができます。

続いてペニス増大作用がある精力剤などに多く含まれるシトルリンですが、この場合は特にL-シトルリンとよばれる種類に注目したいところです。

L-シトルリンはスイカに多く含まれる成分であり、アルギニンと同様に血流促進作用を有しています。

ですがその作用はアルギニンよりも強力だという見方が強く、強力な血流促進作用によって勃起を補助し、継続利用することで陰茎部への血流を促進し続けてペニスのサイズアップを図っていくわけです。

と言っても実際のところ、既に身体の成長がほぼ完了している成人男性でそうした効果が期待できるかと言われると少し怪しいところです。

もちろん無いよりははるかに良いでしょうが、L-シトルリンを摂取するだけで何センチもペニスが大きくなると言った効果を期待するのは難しいとして考えておいた方がよいでしょう。

こうしたアミノ酸はいずれも通常の食品からも摂取できますが、専用のドリンク剤や錠剤からであればより効率よく必要な種類を摂取できるというメリットがあります。

勃起力が衰えてきたと感じる人だけではなく、健康になりたいという人にも実はお勧めできる成分と言えるでしょう。

 

トリビュラス 精力剤の成分の特徴

トリビュラスは南アジアからヨーロッパにかけて自生しているハマビシ科の多年草で、主に砂浜付近に生えている海浜植物です。

 

日本ではハマビシと呼ばれる植物で、主に東北より南の温暖な海岸に自生していますが、近年の環境破壊による影響でその生息数は激減し、現在は絶滅危惧種にも指定されています。

 

また果実の部分を乾燥させたものは疾黎子と呼ばれ、利尿作用や消炎効果があることから薬として用いられており、インドの予防医学アーユルヴェーダや、古くは古代ギリシャでも使用されてきた歴史をもっています。

そのトリビュラスですが、精力増強にも効果があるとして、精力剤にも含有されることが多くなっています。

 

トリビュラスは男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果があり、それが精力の増強、筋肉の増強、体力の増強に繋がるとされています。

 

テストステロンとは男性の場合、主に睾丸で生成される男性ホルモンであり、

 

筋肉増強、精力増強といった肉体面への影響のみならず、前向きな姿勢、ポジティブな性質を持ち主に与えるなど、精神面にも大きな作用をもたらすホルモンとして知られた物質となります。

 

テストステロンの分泌は10代から20代までがピークで、30代を過ぎると徐々に減少し、ともなって性欲や体力も徐々に減退していきます。

 

また、テストステロンは生活習慣の乱れ、ストレスによっても減少することが分かっており、現代の過酷な環境においては、元々の基準値を保つことも非常に難しいこととなっています。

 

テストステロンには人それぞれに上限があり、それはある程度生まれつき定まっているものとされています。また前記のとおり、テストステロンは環境の変化によって容易に減少しますが、逆に意図的に増やすことは難しく、自力での増量は非常に困難であるとされています。
そうした場合、男性ホルモンを増やすのにトリビュラスは効果的な植物といえます。

サプリメントなどで人体に吸収されると、テストステロンを活性化することが現在までに明らかになっており、その効果から精力の増強だけでなく、ボディビルダーや筋トレを趣味にする人にも、筋肉にいいとして愛用されている植物になります。男らしさを形作るのに、格好の植物といえるでしょう。
また、トリビュラスは人工的な精力剤、筋肉増強剤に比べ、天然素材であることから副作用の心配が少なく、肉体への悪影響をあまり考慮することなく、

 

安全に使用することのできる植物となっています。以上のことが、精力剤として用いられるようになった経緯といえます。

 

モリンガ 精力剤の成分の特徴

精力剤の配合されることあるモリンガは、ワサビノキ属ワサビノキ科の落葉樹です。

 

古代ギリシャの時代から薬として重宝され、インドの伝統的な医学書であるアーユルヴェーダでも紹介されています。寒さに弱いので15度~18度の気候でなければ栽培できません。

 

近年豊富な栄養価が注目されたため、日本では日当たりが良く水はけも十分な一部の地域でしか栽培されていません。

 

2007年には国連の世界食糧計画において、飢饉で苦しんでいる人々にモリンガを栄養補助食品として配布するほど、健康に欠かせない栄養を豊富に含みます。

 

人間の体に必要なアミノ酸は20種類ですが、そのうちの18種類はモリンガから摂取できます。

 

特に体内では生成できない9種類の必須アミノ酸を全て含みます。また活性酸素を除去してアンチエイジング効果をもたらすポリフェノールを赤ワインの8倍も含みます。

 

他にも血圧を下げたり中性脂肪を減らしたりするギャバを発芽玄米の30倍も含み、精力を増強する亜鉛など一つの食品で50以上の栄養素を含んでいます。

 

モリンガが精力剤として科学的に有効がどうかは立証されていませんが、抗酸化作用によって生活習慣病を予防したり、アミノ酸で血管を拡張したりすることは、勃起不全の予防になります。

 

また豊富なビタミン類やタンパク質、ミネラルを摂取することで質の良い精子を生成できます。昔から自生してフィリピンでは、子孫を多く残すために男性が種や実を食べる習慣を持っています。

 

最も一般的な摂取方法は、サプリメントを利用することです。飲む時間は自由で、服用する量を守れば副作用もほとんど心配ありません。

 

種や実、花など様々な部分に栄養が含まれますが、葉から抽出することが多いです。また日本でも健康食品として配合するようになり、パウダータイプが多く生産されています。

 

後味が残りますが、既に成分が溶けているので体に吸収されやすいです。モリンガ茶は、水を沸騰させて煮出したり、ティーパックを使ったりと、最も身近に摂取することができます。

 

ノンカフェインなので、授乳中の女性や子供が元気を出すのにも使えます。一度沸騰させたら火を止めて冷蔵庫で冷やせば、アイスティーになります。

 

熱しすぎなければ成分を分解しないので、高い効果を得られます。お茶の風味が苦手でも、料理に加えるとアクセントになり味のバリエーションを広げます。

 

ただし加熱しないてサラダに混ぜたり、調理したものにふりかけたりすることで、栄養素をそのまま摂取できます。

 - ED治療